イベント情報

トヨタホーム岐阜株式会社

一体打ち基礎工事見学会

開催日
11/19(金)~12/25(土)
会 場
お近くの工事現場

一体打ち基礎工事見学会

 
トヨタホームの一体打ち基礎工事を実際にご見学頂けます。 
 
基礎は二度打ちと一体打ちでは、同じ基礎断面でも基礎の強度・性能の維持できる期間(保証期間)10年〜30年なのか、60年なのかくらい差が出ます。
 
 

完全予約制となります。

「お問合せ・お申込みはこちらから」より希望会場「本社ショールーム」を選択の上、ご希望日時を第二希望までお選び頂きご予約をお願いいたします。

担当者より最寄の工事現場で日時の調整をして連絡させていただきます。

 
※ご見学にあたってのお願い※
・担当者からのご返事をもって予約完了となります。
・コロナ対策は行っておりますが、消毒・検温・見学会場内のマスク・手袋の着用のご協力をお願いいたします。
 
 
基礎一体打ち工法で長く住める住まいを作ろう
 
あなたの住まいの基礎は2度打ですか? 一体打ちですか?
 
 

トヨタホーム岐阜の日比野社長が、Youtubeトヨタホーム岐阜公式チャンネルにてお話しをさせていただきます!

⇓コチラから是非ご視聴下さいませ⇓

【後悔しない設計の考え方】基礎一体打ち工法で長く住める住まいを作ろうあなたの住まいの基礎は二度打ですか?一体打ちですか?

 

住宅を検討されてみえる方からの質問で基礎は、布基礎ですかベタ基礎と聞かれる事が多くなってきましたが、一体打ちですか二度打ですがと聞かれたことはほとんどありません。

 

わたしは一体打ち、二度打ちの選定の方が大切と考えております。

同じ基礎断面でも基礎の強度、性能の維持できる期間が10年〜30年なのか、60年なのかくらい差が出ます。

構造計算の上では、打ち継ぎ部分を考慮していませんので注意が必要です。

 

二度打ち(二回打ち)住宅基礎の打ち継ぎ(一回目と二回目の継ぎ目)はどこなのか説明します。

ベタ基礎でも布基礎でも鉄筋を先に組んで、平な部分にコンクリートを流し込みます。

ここで止めてしまうのが二度打の一度目です。ここに打ち継ぎができます。

次の作業は縦筋部に型枠を建て込み二度目のコンクリートを流し込みます。

多くの住宅はこの様な工事を行なっていますので、打ち継ぎ部より侵入した空気・水分で縦筋が錆びてもろくなったら建物の寿命となってしまいますので保証は10〜30年となってしまいます。

 

トヨタホームの一体打ち工法は事前に全ての型枠を建て込み、しっかりと固定していますので、コンクリートを一度に打ち込む事ができます。

 

またトヨタホームの立上がり幅は17センチ(一般12センチ)と被り厚さ(鉄筋と型枠の間のコンクリートの間隔)を広くし、コンクリートの中性化による基礎内部の鉄筋の錆を防止して基礎の長寿命化に対応しています。

 

文章や動画だけでは伝わらない部分もありますので、是非実際のトヨタホームの一体打ち基礎工事見学会にご参加くださいませ♪

ー周辺MAPー