イベント情報

トヨタホーム岐阜株式会社

トヨタホームの基礎断熱工法【日比野社長によるはじめての家づくり】

開催日
いつでも視聴可能です♪
会 場
Youtubeセミナー

トヨタホームの基礎断熱工法【日比野社長によるはじめての家づくり】

 

トヨタホーム岐阜では温暖化地域の基礎断熱工法を標準としております。

 

基礎一体打ち工法でベースと立ち上がりの打ち継ぎを無くした上に立ち上がり幅を17センチとすることにより、立ち上がり鉄筋の中性化による錆の劣化防止に対応しております。

 

<基礎とユニットの緊結方法>
据付け時にアンカーボルトをユニット側に取り付けて、無収縮グラウト材にて基礎と緊結します。

 

基礎の内側に60ミリの断熱材を設けて1階の空気の温度と床下の温度を同じにすることにより、1階室内の温度と1階の床の温度差をなくしていますので、床の冷たさを感じ難い仕様になっております。

 

 

トヨタホーム岐阜の日比野社長が、Youtubeトヨタホーム岐阜公式チャンネルで、トヨタホームの基礎断熱工法についてご説明します♪

動画では、現場の映像を確認する事ができますので、とてもわかりやすく説明させて頂いています!!

⇓⇓コチラから是非ご視聴下さいませ⇓⇓

 

トヨタホームは防湿コンクリートを採用しております。

 

防湿フィルムの上に無筋のコンクリート6センチを打設しております。


<断熱材と配管について>

・オレンジ色がお湯の配管

・青色が水の配管

・白色が通信線

グレーのパイプが排水管(お風呂場なので外回りは45ミリの断熱材に覆われています)
エコキュートより赤い配管で室内にきてヘッダーで分かれ、お湯の必要な箇所に流れていきます。(ヘッダーで分かれた後はオレンジ色の配管となります。)

 

ベタ基礎でない理由は、設備配管の寿命に関係します。

 

建物より先に設備機器の寿命がくるため、15~20年後に配管ごとのやり替えが必要になります。

 

ベタ基礎の場合コンクリートの下に配管が埋設されてしまうため、メンテナンスができないばかりかリフォームができずに建替えになってしまうケースもあるようです。

 

設備の維持管理機能も重要なポイントです!

 

長期保証をするための工事ポイントは高い施工品質にあります。


『60年長期保証』を可能にするさまざまな工事の様子をYoutube動画にて紹介させていただいております。

関連リンクより「【日比野社長によるはじめての家づくり】基礎工事」をご紹介しています!是非ご確認くださいませ!

 

これからもトヨタホーム岐阜(株)はYouTubeによるセミナー、見学会や、LIVE見学会を行っていきますので、是非ご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします!

 

展示場のご見学や資料請求など、住まいに関するご相談もお待ちしております♪

ー周辺MAPー

〒503-0805 大垣市鶴見町435の1
大垣中日ハウジングセンター内
  (0584)-77-7570

〒500-8382 岐阜市薮田東1-3-20
岐阜ハウジングギャラリー県庁前内
  (058)-276-0826

〒504-0843 各務原市蘇原青雲町3-41-1
岐阜ハウジングギャラリー各務原内
  (058)-383-2588

〒509-0203 可児市下恵土字針田4100
可児中日ハウジングセンター内
  (0574)-62-4881

〒509-0127 各務原市桜木町5丁目83番桜木町分譲モデルハウス内 090-4182-5479